心鷲掴み100選

見た、聞いた、体験した中で 衝撃を受けて心を鷲掴みにされたものを紹介。 音楽だったり映像だったり言葉だったり人だったり。

カテゴリ: CM

今回の心鷲掴みは、前回の藍色夏恋の続きです。続きというか、ちょっと違う話にはなるのですが藍色夏恋の監督が あれから5年後の二人を撮っているのをご存知でしょうか?と、言っても映画ではなく ウォークマンのCMです。そのCMがPCからでしか見れないのでどんな内容かお伝 ... 続きを読む

今回の心鷲掴みは、前回の藍色夏恋の続きです。


続きというか、ちょっと違う話にはなるのですが

藍色夏恋の監督が
 あれから5年後の二人を撮っているのをご存知でしょうか?

と、言っても映画ではなく ウォークマンのCMです。


そのCMがPCからでしか見れないので
どんな内容かお伝えしたいと思います。


舞台は5年後。二人は大学生になっています。
216D5FC3-308A-438C-8F10-035CFABB5215

大学にいる二人。
チャン・シーハオがニヤニヤしながら何か見ています。

手にはソニーのウォークマン。(動画も見れるタイプのもの)

FE2ACD2D-2BE7-4C03-A38D-4B94900477E9
モン・クーロウが見ようとしますが
慌てて隠される。

15EA9199-C9BF-444E-BA1C-7FEBCD5F7A56
奪取成功。
大学の構内を追いかけっこ。
2AD689AA-932C-49F1-920B-EBA4C1DF6626
エレベーターに乗り込み、チャンが見ていたものを見ると

7C41BB4B-08F9-4286-BADD-149F765C485A
そこには自分の姿が

大学で講義をうけているとき
カラオケで熱唱しているとき
バスに乗っているとき


屋上でモンは、ウォークマンを見せながら
C4114F9B-F0F8-4876-AB70-798410F859C8
「你在暗戀我哦」

と言います。
それに対してチャンは
A01A6F9B-18D1-452D-9A30-CAF12848DF98
「現在 大概不算是暗戀了吧」

と返し、二人とも笑顔になります。


最後は二人で一緒に
958A8030-BFD5-460D-B57D-054DE0B6C8B6



正直なところ、CMとしては

まったく心掴まれないのですが


藍色夏恋を観た人にはたまらない一作だと思います。



番外編とか、その後のようなちょっとした続きが大好きな私には

それはもう飛び上がるほど嬉しいCMです。



モン・クーロウは外見が随分と女性らしくなっています。

日本語訳が見つからなかったので、会話はわからないのですが

表情も明るく 柔らかくなっていて、チャン・シーハオとは良い関係なままでいるのが伝わってきます。


気になる二人の関係は、、、







さて、ここからは映画のネタバレ込みの感想です。

知りたくない方は今回の記事はここまででUターンして下さいな。











CMの日本語訳が見つけられなかったので

翻訳サイトと雰囲気からの憶測なのですが



「你在暗戀我哦」

「現在 大概不算是暗戀了吧」



この
2人のセリフ


暗戀 というのが、片想いと言うか、密かに心を寄せる という意味合いのものらしいので

「私に暗戀なのね」 みたいなことを言ってるようなのですが


その返しが

「今は片想いとは言えないだろ」

なのか

「今は密かにとは言えないだろ」

なのかで全然違うんですよね。


藍色夏恋での

「付き合いたいくせに」

のような軽い調子で、「お前だって俺が好きだろ」

と言っている、恋人同士のじゃれあいなのか


ウォークマン見られて、想ってることがバレたから、この瞬間に密かな片思い ではなくなった

なのか。


両想いなの!

片想いなの!


あぁ気になる。何て言っているかわからないのが悔しい。


個人的には両想いであってほしい。


モンさん 髪は短いままですが、白いワンピースを着ていて、随分と女性らしくなっています。

映画では最後に、「私は女の子が好き」と言ってチャンとは付き合うことはありませんでしたが

チャンが、「男を好きになることがあったら一番に知らせろ」と言っていますし

何か変わることが起きたのでしょうか。



そうだったとしても、そうでないにしても
チャンは変わらず好きでいるのはわかったのでそれだけでも嬉しい。

このCMのことを知ったときに
469801F2-9EF2-40DD-AD24-F593D443298E

ってなった。



藍色夏恋は本当におすすめ。

そしてこのCMで最高に好きなシーンはコチラ
301FC4C5-B326-497A-9877-D87B1CD822A6
追いかけてる最中、ガラス越しに
モンが「聞こえな~い」みたいなジェスチャーをするところが
最高に可愛くてですね、この二人のやりとりがもう大好きです。



今でもまた、数年後の二人を見れないかと
思い出しては“藍色夏恋”をグーグルで検索するほど
この映画は心を鷲掴んでいます。






お前に金を使わせるやつは     大統領だって敵と思え記念すべき第一回目の鷲掴みは 15年ほど昔に流れていた、プロバイダーZEROというインターネットサービスプロバイダのCMです。名前の通り、プロバイダー料金ゼロ円を売りにしているのですがそれよりもこのCMのイン ... 続きを読む
お前に金を使わせるやつは
     大統領だって敵と思え






記念すべき第一回目の鷲掴みは 
15年ほど昔に流れていた、プロバイダーZEROという
インターネットサービスプロバイダのCMです。


名前の通り、プロバイダー料金ゼロ円を売りにしているのですが
それよりもこのCMのインパクトの方が強すぎて強すぎて。


まず出だしが、“パパは金を使うのが嫌いだった”
という男性のナレーションとともに

パパの「走れ!!」の声。


続いて、「食い逃げよーーー!!!」の女性店員の叫び声。


ドーナツを加えたまま、パパを追ってドーナツ屋から走り去る10歳の息子。




そしてこのセリフ


「お前に金を使わせるやつは

   大統領だって敵と思え」



そんなCM。

IMG_0184
※イメージ画像




ご覧になりたいかたはYouTuゲホンゲホンで検索ゲホンゲホン。



ゲホン。







当時、このパパ役の俳優スティーブ・ブシェミさんが好きで好きで好きで。

検索していただくと、多分一度は見たことあるという方も多いと思います。
最近だとワンピースのサンジのモデルということで知られているようです。


まさか日本のCMに出演なさるとは。

それだけでも心を持っていかれそうなのに、このCM自体が私の心をガシっと鷲掴んでいきました。
私の文章力では魅力を伝えられないのが悔しいのですが、本当に30秒で心を持っていかれます。



CMが好評だったのか、長くシリーズ化しているのですが
やはりこの一発目が一番インパクトがあって記憶に残ります。

あぁ懐かしい。


後で知ったのですが、映像は中島哲也さんが手がけています。






たった30秒で興味を持たせなければならないCMは
グっとくるものが多いですよね。

このCMも、ショートフィルムのような見応えがあります。


CMカテゴリは私の心鷲掴みアイテムによく出てくる予定です。
よく掴まれていました。



続きはウェブで

が当たり前になってきてからは
30秒に情報を詰め込まなくても良くなったのか
CMの中身は薄いけれど、とにかく気になるワードをぶちこんで
検索させようって具合のものが増えたように思えます。


またこんなCMが見たい。







ということで、第一回目の鷲掴みでしたが
文章で伝えるというのは難しい。

精進します!!次回もよろしくお願いします!!